【 立会外分売 】 朝の板の解説 (4334)ユークス

【立会外分売】朝の板の解説(4334)ユークス立会外分売

立会外分売が行われる当日の朝の板は独特な動きをします。

この記事では、2020年10月12日に立会外分売が実施された(4334)ユークスを使って解説していきます。

立会外分売の基本的な知識をチェックしたい方はコチラもどうぞ!

スポンサーリンク

はじめに

朝の板が始まるのは8:00からですが、当日の8:00~8:19までは圧倒的な特別買い気配になるのが常です。

立会外分売の抽選は8:50頃から結果が判明するため、それまでは売りが出てこないのです。

そして今回の案件は

分売枚数5000枚

前日終値396円

分売価格385円

という条件でした。

8:19の板

8:19の板

青い枠で囲まれたのは「成売注文」で7件あり計6,500株。

赤い枠で囲まれたのが「成買注文」で252件あり計159,900株。

※買引というのは前場(または後場)が終わると同時に成行買いをする方法です。

そのため寄り付きには実質的に影響しません。ただ、解説の便宜上まとめています。

黄色い枠の385円は分売価格であり、その位置には5,200株分の買い注文が入っています。

385円での売りの累計は6,900株で、買いの累計は181,600株。

差し引き174,700株分の買いが優勢となっています。

また、緑の枠で囲まれた383円の位置には13,000株分の指値注文があります。

これが寄り付きまでしっかり残れば嬉しいですね。

8:55の板

抽選結果が出揃い、分売に当選した人たちが続々と売り注文を出し始めます。

8:55の板

青い枠で囲まれた「成売注文」は915件で計112,900株。

爆発的に増えていますね。今回の分売枚数は5000枚(500,000株)なので、まだまだ増えても不思議ではありません。

ここで注目したいのが「成買注文」の数。

8:19の時点では252件で159,900株の量がありましたが、8:55になると154件で147,800株まで減っています。

98件の成買注文、12,100株分がなくなりました・・・。

ただ、数字から分かるように買い注文を消したのは100~200株の個人ばかりですね。1,000株単位で注文をしている人は残っていると推測できます。

そして383円の13,000株の買い注文はしっかり残っていますね。

分売価格の385円の地点での売りの累計は122,900株、買いの累計は175,700株。

差し引き52,800株の買いが優勢の状態ですが、ここから9:00までの5分間が長いので油断はできません。

8:59の板

さあ、いよいよ9:00が近づいてきました!

8:59の板

青い枠で囲まれた「成売注文」は1324件で計151,700株。

赤い枠で囲まれた「成買注文」は72件で140,500株。

4分足らずで82件の成買注文が減っていますが、株数としては7,300株しか減っていません。

1件あたり89株??と思うかも知れませんが、これは「100~200株の注文が消え、500株や1000株といったまとまった注文が入った」ということになります。

黄色い枠で囲まれた分売価格の385円に注目してみると、売りの累計が170,300株、買いの累計が181,700株。

買いの優勢は11,400株となっており、ちょっと不安です。

さて、どうなるか・・・。

結果

9:00になり始値がつきましたが、結果は385円で引き分け(±0円)でした。

安値は384円、高値は390円となっており良い案件とは言えませんでしたが、耐えた案件といったところでしょうか。

このように、立会外分売の朝の板は通常とは異なる動きをします。

8:10の時点で「ストップ高だ!」とうかれたり、8:55の時点で「大丈夫そうだな」と判断したりするのは早計だということを感じて貰えたら記事を書いた甲斐があります。

機会があれば、また朝の板解説記事を書きますね!

PVアクセスランキング にほんブログ村

稼ぐブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました