立会外トレードの分析 (7126)タンゴヤ

立会外トレードの分析(7126)タンゴヤ立会外トレードの分析
基本情報                 
銘柄(7126)タンゴヤ発行済株式数1,751,372株   
市場東証スタンダード浮動株数199,656株
信用区分信用配当金未定(前期42円)
目的株式の流動性の向上株主優待優待券10000円分(7月)
※200株
トレード情報
発表日2022年9月21日(水) 実施予定日2022年9月27日(火)
トレード枚数250枚 申込上限10枚
発表日終値2379円 発表日出来高54枚
前日終値2170円 前日出来高469枚
割引率3.04% トレード価格2104円

立会外分売について詳しく知りたい方はコチラの記事からどうぞ。

スポンサーリンク

2022年9月22日(木)21:00事前分析 ※修正あり

事前評価★★★☆☆

株価、チャート

株価は2400円で推移しながら6月7日に3005円まで、9月15日に2641円まで高騰しています。

今年の4月以降は吸い寄せられるように2400円近辺で売買されていますね。

トレード価格の目標は直近安値の2250円、欲を言えば2200円付近。

全戻ししてはいるものの、23年7月期は過去最高益の見通しのため下値は限られてくるでしょう。

流動性、需給

出来高は10枚を割り込む日も多く、板も薄い状態。

決算などで一時的に出来高が増えてもすぐに急減してしまいます。

とはいえ、トレード枚数は250枚なのであまり心配はしなくて良いかも知れません。

今期の配当は未定、優待も7月というちょっぴり残念な部分もありますが、買い手は一定数いると予想します。

備考

トレード発表から実施まで中1日しかない案件。

FOMC明けの22日が株価水準と流動性を決める日のため、予想はなかなかに難しいと思います。

今のところは申し込んで大丈夫そうなイメージはあるので★★★☆☆評価としています。

トレード実施まで2営業日あるため、まずはその間の調整具合や出来高を見守りましょう。

リスクらしいリスクは特に見当たらないため、一定の評価である★★★☆☆とします。

2022年9月26日(月)19:00最終分析

株価調整★★★★★
流動性の改善★★★★★
割引率★★★★★
最終評価★★★★☆

株価、チャート

株価は200円を超える調整となり、申し分がありません。

節目の株価も突き抜けており、トレード価格の2104円は半年振りの安値水準に。

2100円は反発目処として十分に機能するため、文句のつけようがありません。

流動性、需給

流動性も劇的に改善となりました。

トレード枚数の250枚を大きく上回っており、需給面での懸念もありません。

備考

株価水準も流動性も非常に評価できる案件です。

予想を大幅に上回る条件のため、リターンに期待ができリスクも相当に限られています。

評価繰り上げの★4とします。

結果考察

トレード枚数   枚前日終値   円トレード価格   円当日出来高   枚
始値   円高値   円安値   円終値   円
PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました