立会外トレードの分析 (2654)アスモ

立会外トレードの分析(2654)アスモ立会外トレードの分析
基本情報                
銘柄(2654)アスモ  発行済株式数15,145,175株   
市場東証スタンダード浮動株数1,135,888株
信用区分貸借 ※売禁配当金10円
目的株式の流動性の向上株主優待自社商品(9月末)
トレード情報
発表日2024年7月1日(月) 実施予定日2024年7月8日(月)
※1日延期
トレード枚数7852枚 申込上限なし
発表日終値452円 発表日出来高86枚
前日終値423円
※延期日は408円
前日出来高1192枚
※延期日は1558枚
割引率4.02% トレード価格406円

立会外分売について詳しく知りたい方はコチラの記事からどうぞ。

スポンサーリンク

2024年7月1日(月)23:00事前分析

事前評価★☆☆☆☆

株価、チャート

4月25日に株主優待導入で跳ね、6月10日に詳細発表で跳ね、株価は直近の高値に位置しています。

トレード枚数の重さを踏まえると、トレード価格は急騰前の390円付近まで来て欲しいところです。

流動性、需給

貸借銘柄ではあるものの2022年11月から売禁となっている状態。

流動性の改善を期待するにはかなり厳しいと言えるでしょう。

一方、配当&優待での利回りは100株当たり約5.4%と悪くありません。

低位株ということで買いも入れやすく、意外と下値は堅いかも知れませんね。

備考

利回りの高さと株価単価の低さを考慮すると、リスクはあるにせよ限定的。

ただ、やはり流動性が懸念されるためトレード前日の状況を踏まえて今一度考えてみたいと思います。

★1評価と★2評価で迷いましたが、トレード参加による期待値は現段階で小さいと見て★1としました。

2024年7月5日(金)21:00最終分析

株価調整★★★☆☆
流動性の改善★☆☆☆☆
割引率★★★★★
最終評価★☆☆☆☆

株価、チャート

なんと史上初(?)の立会外トレード1日延期となり、非常に衝撃を受けました。

本来であれば408円に割引が入ったものの、結果的に前日終値423円に4%の割引が入りトレード価格406円となっています。

太っ腹な割引をしてくれるくらいなら、最初から2.5%引き辺りでやってくれた方が良かったですね。

どうしても300円台では売りたくなかったようです。

トレード価格は直近の安値ではあるものの、前日にこのような形で反発したのは頂けないと思います。

400円が抵抗ラインとして機能してくれそうですが、強い動きは望めなさそう。

流動性、需給

延期をしたことで、需給の乱れが生じています。

前日出来高は1192枚ですが、そのうち650枚は寄付の強制決済分なのでかなり少なく見えます。

トレード価格での利回りが6%に乗せたため、9月の優待権利に向けて保有する層もいるとは思いますが、相当な枚数が降ってくるので厳しいイメージ。

短期勢の多寡が始値の運命を握ります。

備考

素直に初日実施となっていれば数円は堅そうな案件でしたが、今回のような展開になると予想が難しいです。

仮に400円を突破されても流石に390円では止まると思われるので、リスクは少しあるといった感じ。

利益の線も残っているとは思いますが、リスクを背負ってまで参加するレベルではないと思うので、朝の雰囲気次第といったところですね。

結果考察

トレード枚数7852枚前日終値423円トレード価格406円当日出来高2902枚
始値407円高値408円安値404円終値404円

始値は+1円で始まったものの、重さに耐えきれずトレード価格を割れて引けました。

とはいえ、始値でプラスなら文句は言えないといったところ。

9月の優待権利に向けてほんの少しずつ反発していくのか、たまに覗いてみるつもりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました